赤面症を自宅で簡単に治す方法

赤面症とは

面症とは、「人前で顔が赤くなってしまい、人と会ったり、話すのが苦痛」
という状況に陥る事です。

 

赤面症を克服する第一歩は、

 

「人と会いたくないのは、赤面症だけが原因なのか」

 

「対人恐怖症に陥っている場合、他の理由がある可能性はないか」

 

という事の分析をしていく事でもあります。

 

 

赤面症が、対人恐怖症の一種と考えられているのは、
症状を訴えるケースとして、

 

「自分一人きりでいる時に赤くなっている事は平気で、苦痛に感じることはないのだが、人と会うと、顔が赤くなっている事が気になる。」

 

という事が多いからです。

 

赤面症は、顔が赤くなってしまう事で、

 

「他人から変に思われているかも。」

 

「相手に好意があるように見られているかも。」

 

といった悩みが多いようです。

 

逆に、本人が顔が赤くなる事を気にしておらず、苦痛にも感じていない場合は、

 

「赤面症」

 

としての治療は必要ありません。

 

この、「気にならない」という状態を得るという、赤面症克服法もあります。

 

また、赤面症の症状の体への出方は様々で、
「頬が赤くなる」の他に「耳たぶ」
そして、「赤面と同時に汗も出てくる」などのケースがあります。

 

赤面症が起こる場合が多いのは、
自分が好意を寄せている相手を前にした時や、
苦手な上司など、自分に影響力がある相手を前にした時で、

 

「どうでもいい相手」

 

の前では起こらないことが多いです。

間違った知識は赤面症を悪化させる場合があります
>>赤面症専門のカウンセラーが伝授する赤面症克服法はコチラ<<